EVENT NEWS

【外部イベント開催】 ハイレゾ・コンサート in 相模湖交流センター 第2弾!

ハイレゾ・コンサート in 相模湖交流センター 2019年8月23日(金)~ 25日(日) 当店の週末の試聴会を外部施設にて開催! 2019年1月開催の「ハイレゾ・コンサート」第2弾! 神奈川県立相模湖交流センターで収録された アーティストの生演奏を ...

2018年3月12日月曜日

【展示導入開始】TANNOY レガシーシリーズ「CHEVIOT」


TANNOY LEGACYシリーズ「CHEVIOT」
展示を開始いたしました!

1976年の美しいデザインはそのままに往年の名機に
最新の音響テクノロジーを注いだ「LEGACYシリーズ」登場!

CHEVIOT(チェビオット) 108万円(税込/ペア)

CHEVIOT(チェビオット)は、イングランドとスコットランドの境界を成す広大なチェビオットの丘から命名されています。奥行きが浅く、小型なのも魅力です。
ユニットサイズは、ウーファが300mm径のマルチファイバーペーパーコーン。
ツイーターは、33mm(1 1/3インチ)のアルミマグネシウム合金ドーム。
低域のチューニング用は2本のダクトで行っています。

Legacyシリーズは、1970年代、“ハイファイ・スタジオモニター”をコンセプトに開発されたTANNOYの歴史的名機をベースに最新技術を投入して開発されました。

レガシーシリーズのARDEN(アーデン)、CHEVIOT(チェビオット)、EATON(イートン)は、クラシックラインのエントリーに位置する製品で、「メイド・イン・スコットランド」に拘り、自社生産で細部までハンドメイドされています。

ナチュラルな性能を誇ったTANNOY HPDシリーズの素性を、術―性能が向上したドライバー・ユニットとパーツ類を新たに導入することによって、更にレベルアップ。
オリジナルの音をそのまま復刻するのではなく、そこから一歩踏み出した領域まで表現することを念頭に設計されています。

設計にあたって、エンジニアがオリジナルモデルを何度も繰り返し聴き続けて、どのような音の特徴があるか全て把握した上で、そこに加えるべき新しい要素を新たに盛り込んでいます。


ユニットの広域特性の優秀性とあわせて、全帯域にわたるバランスの良さが魅力です。

近年のスピーカーの音には無い”ゆったりとした広がりのある優しい音”に包み込まれます。
との帯域でも耳につく音もなく、何時間でも音楽が聴けるような心地の良いサウンド。
是非、その優しい音色を聴きにいらして下さい。

<製品の仕様>
推奨アンプ出力:20~250W
連続許容入力(RMS): 125W
最大許容入力(瞬間):500W
能率(1W/1m):91dB
インピーダンス:8Ω
周波数特性(±6dB):38Hz~30kHz
外形寸法:448×260×860mm(幅×奥行き×高さ)
重量:29kg

メーカーホームページはこちらから

0 件のコメント:

コメントを投稿