EVENT NEWS

【外部イベント開催】 ハイレゾ・コンサート in 相模湖交流センター 第2弾!

ハイレゾ・コンサート in 相模湖交流センター 2019年8月23日(金)~ 25日(日) 当店の週末の試聴会を外部施設にて開催! 2019年1月開催の「ハイレゾ・コンサート」第2弾! 神奈川県立相模湖交流センターで収録された アーティストの生演奏を ...

2018年8月23日木曜日

【展示機導入】 DENONの新製品レコードプレーヤー 『DP-400』 の展示を開始しました!


長年多くの銘機を手がけてきたDENONですが、ロングセラーのモデルが多数あり
多くのオーディオファンが使う本格的なモデルからカジュアルなモデルまで
現在も色々とラインアップされています。

今回、10年以上ぶりの新しいモデルとして2機種を発売。

シンプルなデザインにマニュアル仕様を備えた「DP-400」と
そのDP-400をベースにUSBメモリー接続機能を搭載した「DP-450USB」。


この度、相模原店では『DP-400』を展示導入しました!

DENON DP-400
メーカー希望小売価格:58,000円(税別)


従来のオーディオ機器としてのイメージではなく
“インテリア性の高さ”をコンセプトに設計されました。


リビングなどの生活空間にも馴染むシンプルなデザインで
かけるレコードも、お洒落に飾りたくなります。




ダストカバーは新たに設計され、ターンテーブルの上に置くようになっています。

ん? なんでこんな面白い形なんだ?

と思ったら




使わない時は付属のスタンドに立てて置けるようになっていて

なんか更に溝があるなぁ・・・と思っていたら



再生中のレコードジャケットを立ててディスプレイ出来るのです!

こんな方法があったのか!と目からウロコ!

ナイスアイデア大賞です!


と、外観のデザインはこのくらいにして・・・


適合するカートリッジの自重に関しても、付属ヘッドシェル使用時で
5.0~13.0gと幅広く、著名なカートリッジのほとんどに対応します。

上位モデルと同様にS字型のユニバーサルアームを搭載し
汎用シェルにも対応しています。

また、レコードの再生が終了すると、自動的にトーンアームを
リフトアップさせ、ターンテーブルの回転をも止めてくれる
オートリフトアップ & ストップ機能を搭載しています。


同じ場所を何度も回っている事を感知してセンサーが働きます。

これなら、音楽を聴きながらウトウトしてしまっても安心ですね。


33、45回転だけでなく、78回転にも対応しています。


MM型カートリッジに対応したフォノイコライザーを搭載。

フォノイコライザーが付いていないプリメインアンプの
LINE入力と接続してレコード再生が楽しめるのも魅力です。

内蔵のフォノイコライザーのスイッチの切り替えでOFFにも出来ます。


USBメモリーへのダイレクト録音機能を設けた「DP-450USB」も同時発売。


本体フロントにあるUSB-AポートにUSBメモリーを直接接続して
レコードの音源をデジタル録音することが出来ます。


フォーマットは、MP3(44.1kHz/192kbps)/WAV(44.1kHz/16bit)に
対応していて、USB端子の隣に配置されているボタンを押すだけで
すぐにデジタル化して取り込むことが可能です。

取り込んだ音源は、デノンの提供するWindows用の
音楽ファイルユーティリティソフト「MusiCat for Denon」で
編集することが出来ます。

お気に入りのコレクションをデジタル化して保存出来るのも魅力。


これだけの機能を兼ね備えていて、お洒落でシンプルデザインで
リーズナブルな価格で楽しめる魅力的な商品です!


気軽にレコードを聴いてみたい方にオススメのモデルです!


是非、店頭にて実際にその質感と音を聴いてみて下さい。

ご来店をお待ちしております。


0 件のコメント:

コメントを投稿