EVENT NEWS

【増税前キャンペーン】 LUXMAN プリメインアンプ購入でスピーカーケーブルプレゼント!

昨日の台風は久しぶりに大変だったみたいですね・・・ 朝のニュースで被害状況を見て驚きました。 交通機関もだいぶ混乱してましたが、皆様大丈夫でしたか? さて、久しぶりのブログ更新です。 ついに来月より、消費税が上がります! ...

2018年8月7日火曜日

【展示導入開始】Escart 円柱型ルームチューニング材『arte COLUMN』試聴出来ます!


arte 円柱型ルームチューニング材『COLUMN(カラム)』を展示導入しました!

arte 円柱型ルームチューニング材『COLUMN』
(手前がベージュ、右奥がアイボリー、左奥がブラック)

カラムは、簡単に設置できて効率的に音響処理をする
自立式の円柱型ルームチューニング材です。

円柱状の前面はエネルギーを失わずに反射音を拡散処理し、背面側はコーナーの
混濁した反射音を効率的に吸収するという複合構造となっています。

シールのある側が「拡散面」で、反対側が「吸収面」

お部屋の角では、2つの壁面による反射によって、音の混濁や音だまりなどが
発生しています。この『COLUMN』を部屋のコーナー部分へ設置することで
ぼやけていた音がはっきりとして、空間の広がりが感じられます。

外形寸法は、Φ215×1,200Hmm(直径×高さ)で、質量は4kg。
サイズがコンパクトで比較的軽く、移動も楽なので色々と場所を変えて試せます。


<効果的な設置場所>

 1. フロントコーナー 
コーナーでは、ふたつの壁面による反射によって
音の混濁や音だまりなどが発生しています。
混濁した音が解消され、空間の広がりなど、明瞭な
サウンドステージが再現されます。

 2. リアコーナー 
リスニングポイント背面のコーナーも、フロントと
同様に音の混濁や音だまりが発生する場所です。
リアコーナー部を処理することで、より見通しの
良い音場が得られます。 

3. リスニングポイントセンター 
リスニングポイントの正面は、音像が定位する重要な
場所です。
反射音を処理することで音像の定位が大きく改善されます。 

4. サイドの一次反射面 
側壁面の反射音も音楽再生に大きく影響しています。不要な反射を処理し、左右の
バランスが整いステレオイメージが鮮明になります。


仕上げは部屋の雰囲気に合わせて、3色から選べます。


型番   仕様     価格     
CO-IV  アイボリー  50,000円(税抜)
CO-BE  ベージュ  50,000円(税抜)
CO-BK  ブラック  55,000円(税抜)


当店の試聴室にて実際に試聴出来ますので
是非一度お試し下さい。




0 件のコメント:

コメントを投稿