EVENT NEWS

相模原店にて B&W『800D3』展示開始しました!

ついに、ついに、相模原店にも B&W『800D3』 がやって来ました! B&W社の50周年モデルとして発売され、現行B&Wの フラッグシップモデル『800D3』の展示を相模原店にて開始しました! B&W 800D3 MR 希...

2016年6月17日金曜日

【新規展示導入品】LUXMAN DA-150 小型 USB D/Aコンバーター

LUXMAN 大人気小型 USB D/A コンバーター DA-100 が
 『 DA-150 』 へモデルチェンジ。
展示機が早速店舗入荷しました。


●USB入力は、最大192kHz/32bitのPCMデータと、DSDデータ (2.82M、5.64MHz) に対応。S/PDIF入力は、最大192kHz/24bitのPCM信号に対応。

●DACチップには、32bitデジタルフィルター内蔵のTI社製PCM1795を採用 (内部にて352.8k/384kHz/32bitにアップコンバート) 。

●PCMとDSDのそれぞれに、2種類の音色を切り替えて楽しめるフィルター設定を用意 (PCMは32bitデジタルフィルター、DSDはアナログFIRフィルター) 。


今でしたら、おとなりの marantz 『 HD-DAC1 』 等と

比較試聴もできます。

●電子制御音量調節アッテネーターLECUAをヘッドフォン出力回路に搭載し、
小音量時のレベル偏差を廃した高精度の音量操作が可能。

●ヘッドフォン出力には、上位機種DA-250と同等のディスクリートバッファーを搭載した
ハイパワーな高音質アンプ回路を採用。

もちろんヘッドフォンアンプとしても高性能です。

ぜひお試しください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マランツ 『 CD6006 』 展示開始


DACチップにマランツの上位デジタルプレーヤーでも採用実績のある「CS4398」を搭載。

DSD信号のダイレクト変換や192kHz/24bitにも対応するDACを、
CDプレーヤーである本機でPCMのデコードのみに用いている。

昨今のヘッドホンブームに先駆けて、ディスクプレーヤーに
本格的なヘッドホンアンプを搭載してきたマランツ。

本機においても、ハイスルーレートオペアンプとHDAM-S2による
ディスクリート高速電流バッファーアンプを組み合わせたヘッドホンアンプを搭載。

新たに3段階のゲイン切替機能(HIGH/MID/LOW)も搭載し、
ヘッドホンのインピーダンスや能率に合わせて最適なゲインを設定できる。


等々外観は前モデルとほぼ変わりませんが、
中身はブラッシュアップされています。

CD専用機をお探しの方お試しください。