EVENT NEWS

【展示導入】皆様お待たせしました!新生DIATONEブックシェルフスピーカーDS-4NB70B入荷です!

涼しくなりましたね、芋焼酎がおいしくて毎晩飲んでます。 オーディオスクェア相模原店の杉村です! ビッグニュース! 9月29日発売予定の 新生DIATONE「DS-4NB70」の試聴機が入荷しました! 発売前から音が聴けます! 特に!前回の試聴会(2017年9月...

2017年11月21日火曜日

【今週の試聴会情報】 FOCAL 『SOPRA No2』 & LUXMAN 新製品プリメインアンプ 『L509X』


今週末の相模原店の試聴会は、変則的に日曜日となっております。

くれぐれもご注意下さいね。


開催日時 :  11月26日(日)14:00~16:00       

開催場所 : オーディオスクェア相模原店試聴室


さて、今週はヨーロッパを代表する世界的なスピーカーメーカー
フランス「FOCAL」社のスピーカー「Sopra」シリーズより『No.2』
LUXMANの新製品のプリメインアンプ『L-509X』です!





100%自社エンジニアによって開発され全てフランス国内の自社工場で生産される
『メイド・イン・フランス』へのこだわりこそが、FOCALの哲学です。

その哲学と確固たる技術が生み出した音楽性と芸術性の結晶SOPRA シリーズ。

今回は「SOPRA No2」を使用して、LUXMANの新製品のプリメインアンプの
最上位モデル「L-509X」でドライブします。

AB級増幅方式のプリメインアンプのフラグシップモデルとして
単一筐体にセパレートアンプ相当の内容を凝縮させた
“ワンボディセパレート”「L509X」。

パワーアンプM-900uと同様のトップパネルを採用し、前面パネルの
アナログメーターは、新たにホワイトイルミネーションLED照明となって
高級感あふれた洗練されたイメージになりました。

プリアンプ部には「C-900u」と同じバッファー回路が使われており
パワーアンプの増幅回路にも最高峰のODNFVol4を採用。

ボリュームは、スムーズな音量調整が行えるアンプ回路一体化型の
電子制御アッテネーター「LECUA1000」の最新版を搭載し、部品においても
ハイエンド製品にふさわしい厳選されたカスタムパーツを惜しみなく投入しています。

今回は、MM/MC対応のフォノアンプを使って
アナログレコード再生もお楽しみいただく予定となっております。

様々な角度から「FOCAL & LUXMAN」の極上サウンドをお楽しみいただけます!

皆様のご来店を心よりお待ちしております!


試聴会ご予約はこちらから承ります


<使用予定機材>
●FOCAL
 SOPRA No2 :スピーカー

●LUXMAN
 L-509X  :プリメインアンプ
 D-08u    :SACDプレーヤー
 PD-171  :アナログプレーヤー
 ES-1200:クリーン電源システム



店舗でもご予約を承っておりますのでお気軽にお電話下さい。

オーディオスクェア相模原店 TEL:042-730-1326

【展示開始】marantz 新商品ネットワークCDプレーヤー 『ND8006』 プリメインアンプ『PM8006』

やっと出ました!
これさえあれば、CDからハイレゾ音源、
ネットワークオーディオまでを全て楽しめる!

マランツの中級クラスのHIFIオーディオ
「ND8006」&「PM8006」


marantzのネットワークCDプレーヤー「ND8006」プリメインアンプ「PM8006」

相模原店にて展示導入致しました!

marantz ネットワークCDプレーヤー『ND8006』​

希望小売価格:130,000円 (税抜)

音楽ソースが多様化する今、さまざまな音源を手軽に高音質で楽しみたいですよね。

この度、マランツのUSB-DAC内蔵のネットワークプレーヤーにCDプレーヤーを統合した
新たなネットワークCDプレーヤーが発売されました。

CD再生はもちろん、NASからの再生や、USBハードディスク、USBメモリーの音楽再生、Bluetooth、AirPlay、Spotifyなどの音楽ストリーミングにも対応。様々なデジタル音源に多様に対応しています。

今回は、新たに『HEOSテクノロジー』によるネットワーク再生機能を搭載しました。

HEOSとはDENONのマルチルーム/ネットワークシステムのことで、複数の部屋でHEOS対応スピーカーを連携させて同時に再生したり、一つのHEOS機器で再生した音楽を他のHEOS機器で再生させたりと
豊富なマルチルーム機能を備えています。

●HEOSの詳細はこちら
https://www.denon.jp/jp/heosspecial/index.html


専用の操作アプリを使えば、スマホやタブレットから手軽に多彩な音楽再生が可能です。
今回は、これまでのマランツの操作アプリに替わり『HEOSアプリ』が採用され、直感的な操作性で
次々と音楽を再生したくなります。

また、ネットワークプレーヤーを数多く手がけたマランツの中級クラスの最新機器とあって、
音質、使い勝手ともに大幅にグレードアップされています。

DACがシーラス・ロジックからESS社製に替わり、音のキャラクターが変わったのもありますが、ノイズ対策や部品選定等の音質対策とチューニングで、S/Nや解像感が更にアップ。
そして、マランツ独自のデジタルフィルター「MMDF」を搭載。
自分の好みや曲に合わせて2種類の音質を切り替えることができます。

ND6006の背面

背面のアナログ出力端子は新たに2系統を搭載。
一つはボリュームが固定、もう一つはボリュームが可変となっていて、可変出力はHEOSアプリから
音量を調整することができ、ストリーミングなどを色々と切り換えて“ながら聴き”する時などに使えます。

ヘッドホンアンプはゲインの切り替えが3段階あり、それぞれの微妙な音の違いを楽しめます。
更に、音質をアップさせるための機能として、ヘッドホン回路、アナログ可変出力、デジタル出力、
ネットワークモジュールディスプレイを各々にオン/オフする事が出来ます。
ノイズの元を完全に停止させる事で、多機能ゆえに併存する様々な回路を、必要に応じて切ることで
更なる音質向上に貢献します。


色々な機能があって紹介しきれませんが
是非とも店頭にて一度ご試聴いただき、その実力をご体感下さい!


同クラスのプリメインアンプ「PM8006」との組み合わせで、高音質で色々な
デジタル音源を手軽に楽しめる上質なミュージックライフを手に入れましょう!


marantz プリメインアンプ『PM8006』​
希望小売価格:130,000円 (税抜)



両製品の詳細はこちらから


【展示開始】Accuphaseの純A級プリメインアンプの新たなフラグシップモデル 『E-650』 の展示を開始しました!

当店にて、アキュフェーズより11月中旬に発売予定の「E-650」の展示を開始致しました!

Accuphase 純A級プリメインアップ E-650 定価:730,000円(税別)

プリメインアンプ「E-600」をモデルチェンジして、最上級プリアンプ「C-3850」に搭載されている
完全バランス構成の「Balanced AAVA」方式ボリュームコントロールをプリメインアンプで初めて採用。




バランス構成による外来ノイズをキャンセルする効果いより、高S/N比、低歪率で
音質変化もほとんどなく音量を変える事が出来ます。

プリアンプ部とパワーアンプ部はバランス構成で、出力素子はパワーMOSFETが
3パラレルプッシュプルの純A級動作。
チャンネル当たり120w/2 Ω、60w/4Ω、30w/8Ωのリニアパワーを保証し、セパレートアンプ並みの
駆動力を誇り、低域の立ち上がりの速さとスピード感、音の抜けが抜群です。

強力電源部と出力回路の低インピーダンス化により、ダンピングファクターは従来比1.6倍の
800を実現しました。

背面にオプションボードのスロットが2個あり


オプションボードも、USB入力対応のDACボード「DAC-50」、フォノイコライザーアンプボード
「AD-50」を新たにラインナップ。
ともに11月中旬発売予定で、価格はDAC-50が86,400円(税込)、AD-50が64,800円(税込)。

MCカートリッジ 「AC-6」¥399.600(税込)も12月発売予定となっています。


新世代のリファレンスモデルとして、一層進化したプリメインアンプ「E-650」を
是非とも店頭にてゆっくりとご試聴下さい!


●メーカーホームページはこちらから
https://www.accuphase.co.jp/model/e-650.html



2017年11月20日月曜日

【パワーアップ】DIATONE DS-4NB70専用スタンド導入!これはすごい!

美容師さんのオススメのシャンプーにしたら最近
やけに髪がサラッサラになってきました
オーディオスクェア相模原店の杉村です。

今回のパワーアップのお知らせは、
杉村の髪ともうひとつ、


やっと入荷しました!
MGT-DS7060!
復活したDIATONEの新スピーカーDS-4NB70用に
作られた専用スタンドでございます!!

スタンドだけ導入がなぜ今になったか?


9月にDS-4NB70が入荷した日、
そのことに気付いたのは、展示機の開梱をしていた時でした。

わ~い!DIATONEだー!・・・・・・

あ!!スタンド発注すんの忘れ・・・ゴホッゴホッ


シンプルなミスでした。
申し訳ございませんでした。


専用スタンドは
スピーカースタンド、オーディオラック、オーディオボードなど、
オーディオ用のアクセサリーで有名なTIGLON製です。


支柱の造りから、TIGLONのスピーカースタンドのMGTシリーズが
ベースとなっているのがわかりますが、
DS-4NB70がブックシェルフ型としては大きめのスピーカーなので、
支柱が片方につき2本ついています。


スタンド底面に4本ずつ取り付けるスパイクは、
先があまり鋭くない形状をしていますが、
スピーカー+スタンドで総重量がなかなかの重さになるので、
フローリングに置く場合はやはりスパイク受けは欲しいですね。


それから付属品に、このような銅のワッシャーが小と大が
スタンド1本につき2個ずつ。
この小さなワッシャーをくぐりそうなネジはついていないし、
どこに使うのでしょうか?

取扱説明書を読んだところ、


なんとこのように天板四隅に置くとのこと!
このワッシャーはインシュレーターだったのです!

しかしそのとき杉村、

「小さいし、ポロって落として失くしたら嫌だから。」

なんて理由で、杉村はワッシャーを箱にしまってしまうのでありました。
なんて店員だ!(笑)


ワッシャー無しで設置して早速試聴。

もともと、もたつかないハイスピードな音質のDS-4NB70。
より余計な鳴きが無くなった感じがしました。

しかし何故でしょう、

音が気持ちよく伸びなくなっちゃった!

スタンドはスピーカーネジ止めで固定したあとは、
しばらく馴染むまで音が良くなくなってしまうケースがあります。
今回もそのパターンかな?と思い、その日はそのまま放置・・・。

翌日、他のスタッフに言われました。

「なんだか聴いてて、ボーカルが息苦しそうな感じだねぇ。」

杉村「(ギクッ)たぶんそれは・・・僕のせいです。」


銅のワッシャーを置いて再チャレンジ!

ボーカルも、活き活きと歌ってくれるようになりました!
DIATONEならではのハイスピードな立ち上がりはそのままに、
低い音から高い音まで気持ちよく伸びます!
制振の効いたTIGLONのスタンドの効果も合わさって、
定位感もUPしております!
一瞬のどのスピーカーから音が鳴っているのかわからないくらい、
音像だけがはっきりと左右のスピーカーの間に
ポッと現れます!

スピーカーDS-4NB70、スタンドMGT-DS7060、
それから銅のワッシャー。

この三者が揃って初めて発揮される絶妙なバランス。
そのためには銅のワッシャーは必要な物だったのです!

三菱電機様、申し訳ございませんでした。

ちなみに銅のワッシャー、スピーカーとスタンドを固定するネジを
しっかり締めれば、全然落ちる心配は無さそうです。



一度当店でこのDIATONEの音を聴いて頂いたお客様!
もう一度聴きに来て下さい!
さらにものすごく良い音になっております!

オーディオスクェア相模原店
042-730-1326
神奈川県相模原市中央区横山1-1-1
ノジマ相模原本店内
メールアドレス:audio-square110@nojima.co.jp

【展示導入】FOCAL ブックシェルフスピーカー CHORUS706

オーディオスクェア相模原店の杉村です!


今回の主役はフランスFOCAL
ブックシェルフスピーカーCHORUS706です。

画像はBS色

FOCAL ブックシェルフ型スピーカー:CHORUS706
型式:2ウェイ バスレフ型
ユニット:
25mm TNV2 Al/Mg インバーテッド・ドーム・ツィーター
16.5cm ポリグラス・ミッドウーファー
周波数特性(±3dB):55Hz~28kHz
低域再生能力(-6dB):47Hz
出力音圧レベル:90dB
定格インピーダンス:8Ω
最小インピーダンス:3.6Ω
クロスオーバー周波数:3,000Hz
推奨パワーアンプ入力:25~120W
外径寸法:幅220×高さ390×奥行き263mm
重量:8.2kg/1台

メーカー希望小売価格:
BS色 120,000円(税別)/ペア
WN色 106,000円(税込)/ペア

今回展示導入させて頂きましたCHORUS 706は、
WL色(ウォールナット)です。


FOCALのスピーカーは綺麗な木目を活かしたヨーロッパらしい
デザインも魅力の一つなので、展示機は木目にしました。
木目の色や細かさや雰囲気は、実際に見てみないと分からないことが
多いですからね!

木の質感に、滑らかな曲線。
見ててうっとりさせられちゃうデザイン。
ついつい撫でちゃいます。(笑)


ツィーター、箱を空けたら凹んでるんですけど!

いえいえ、これでいいんです。
これぞ、インバーテッド(逆)ドームツィーター。
FOCALが考える理想の高音の再生をするために考えられた形状です。
FOCALのスピーカーのほとんどはこの形状のツィーターなので、
FOCALといえばこれ!という特徴なのです。


FOCALのスピーカーの中では、エントリーモデルにあたる
CHORUSシリーズ。
エントリーモデルまでちゃんと「Made in France」
FOCALはユニット・キャビネットの設計と製造・組み立てまで全てを
自社工場で行うメーカーです。
エントリーモデルまで妥協なし!という感じが伝わってきますね。


音は、ふくよかに暖かく鳴ってくれる感じの音色です。
今世の中にある10万円のブックシェルフスピーカーでは、
あまりないタイプの音色ではないでしょうか。

いろいろ聴き比べたけれどぐっと来るものがない
というお客様、ぜひ一度聴いて頂きたいです!
ご来店お待ちしております!

オーディオスクェア相模原店
042-730-1326
神奈川県相模原市中央区横山1-1-1
ノジマ相模原本店内
メールアドレス:audio-square110@nojima.co.jp

2017年11月17日金曜日

【鎌倉市K様 納品】YAMAHA セパレートAVアンプ CX-A5100、MX-A5000

ぼちぼちクリスマスケーキの予約のチラシが
ポストに入るようになってきましたねぇ~

オーディオスクェア相模原店の杉村です!

今回は鎌倉市のK様宅への配送の様子です!

私が3年前にオーディオスクェア藤沢店に入ったばかりの
ときから、K様宅には何度もお邪魔させて頂き、
オーディオのことを沢山教えて頂いてきました。

K様、いつも本当にありがとうございます!

2階には極上のステレオシステムを構えていらっしゃるのですが、
今回は1階のリビングで映画を楽しむためのAVアンプのお買い替えでした。

しかし1階の映画用のシステムもすごい・・・・・・。
今回引退となったAVC-A1XV
AVC-A1XV背面


今までお使いのAVアンプは、
DENONの弩級AVアンプ、AVC-A1XV(2004年モデル)

単品であってもおかしくないレベルのプリアンプとパワーアンプを
無理矢理一つの筐体に収めたような巨大なAVアンプです。
設定がかなり細かくできるので、その分K様も使いこなすのが
とても大変だったと仰っていました。

残念ながら、このAVC-A1XVはもうお疲れのようで、
今回引退という形になりました。

そして、2017年私、杉村が持ち上げた物の中で2番目に重かった!
(2017年杉村が持った重い物1位はMcIntosh MC452)


今回AVアンプのお買い替えにあたり、Dolby Atmosなどの
新フォーマットへの対応というよりも、
現在の5chのスピーカーのポテンシャルをより引き出すという
テーマに重きおいてアンプをK様と選びました。

パワーアンプのアサインの自由度がとても高かったAVC-A1XVで
K様はそれを活かしたセッティングをされていました。
そんなAVC-A1XVに代わる現代のAVアンプ。

もう、セパレートにしちゃいませんか!?

ということで、今回導入して頂いたのが、
YAMAHA AVプリアンプCX-A5100

YAMAHA AVパワーアンプ MX-5000

YAMAHAが誇るフラグシップ機、CX-A5100、MX-A5000です!
セパレートになることで、単品パワーアンプが成せる余裕のあるスピーカー駆動。

単品プリアンプが成せるきめ細かい音像・スピーカーの存在を
忘れて映画に没頭できる自然な空間表現が手に入ります

上段:プリアンプCX-A5100 下段:パワーアンプMX-A5000

パワーアンプMX-A5000の入出力はもう
サラウンド用・サラウンドバック用などと決まっておらず、
番号が割り振られているだけですので、
プリアンプから入った信号がそのまま流れます。

一体型のアンプだと設定画面でパワーアンプの割り振りを
やらないといけない点、セパレートだとケーブルの繋ぎ換えで
対応できるのでシンプルで分かりやすいかもしれません。

各ch入力端子付近にあるスイッチで、バイアンプ出力ということも
簡単にできますので、こだわりのセッティングも簡単に行えます。

今回プリ→パワーへの入力は、
全chともZonotoneのバランスケーブル、
6NAC-Granster3000αを使用しました。
この辺りの自由度の高さもセパレートならではですね。


今までお使いのユニバーサルプレーヤーのDENON DBT-3313UD
に合わせて、プリもパワーもブラック仕様にして頂きました。

バシッと締まった見た目がとてもクールです。


スピーカーは、5ch全てMonitor AudioのGOLD Referenceシリーズ!!!!

最初、今回導入したアンプが新品ゆえに少し引っ込んだ音から
スタートしましたが、10分も鳴らしているうちに、
すぐに音もほぐれてきて、輪郭のはっきりした音像が
リスニングポジションの周囲を飛び交うようになりました。

サンドラ・ブロック主演の「ゼロ・グラヴィティ」の、
水中を必死で泳いで水面に上がるシーンの、
水中の耳が詰まった感じから
空気のあるところにやっと出られたところは
本当にリアルに表現されていて、観ていてこちらも
つい息を止めてしまうほどでした。

K様に特に喜んで頂けたところは、
ユニバーサルプレーヤーでCDを再生して、
ステレオで出したときの音です。

音楽の再生は、AVアンプはステレオアンプには適わないと思って、
AVアンプのグレードアップに踏み込めないでいる方には、
一度試しに聴いて頂きたいです!


今回のYAMAHA セパレートアンプは
オーディオスクェア相模原店のシアタールームでも展示しております!

気になる!というお客様、試聴・ご来店お待ちしております。


オーディオスクェア相模原店
042-730-1326
神奈川県相模原市中央区横山1-1-1
ノジマ相模原本店内
メールアドレス:audio-square110@nojima.co.jp

2017年11月16日木曜日

【今週の試聴会】 Magico S3 MK2 を マッキントッシュで聴く!


米カリフォルニアに位置する「MAGICO」社は、設計から製造までを
一貫して行っているスピーカーメーカーです。

木材を使わず、全てアルミニウム合金のキャビネットで、堅固で定在波を徹底して
排除した設計となっており、共振を抑えて瞬発力が高く力強いサウンドが特徴です。




マジコは世界で初めて”グラフェン”という透明な膜のような極薄の素材で
六角形の分子構造を持つシングルレイヤーで形成されている素材を振動板に採用。
強度が鋼鉄の100倍を誇り歪のないクリーンで正確な低域再生能力を持っています。


今回は、Magico S3 mkⅡをマッキントッシュのシステムでシンプルにドライブします。



密閉型のすっきりとした低域と力強さを是非ともお楽しみ下さい!


<使用予定機材>
●スピーカー:Magico S3 mkII
●SACDプレーヤー :McIntosh MCD350
●プリメインアンプ:McIntosh MA9000

開催日時:2017年11月18日(土)
開催時間:14:00~16:00
開催場所:オーディオスクェア相模原店試聴室


↓↓試聴会ご予約はこちらから承ります↓↓

店舗でもご予約を承っておりますのでお気軽にお電話下さい。
TEL:042-730-1326

2017年11月7日火曜日

【期間限定展示】SOULNOTE 新型フォノイコライザー『E-2』が試聴できます!

ぼちぼちインフルエンザの予防接種の季節ですね!
オーディオスクェア相模原店の杉村です!
注射器を見ると心臓がギュッてなるくらい注射器は嫌いです。(笑)


さて、今回はまだ発売されたばかりの
話題のフォノイコライザー『E-2』のデモ機が
入荷いたしましたので、そのご紹介です!


「でかッ(喜)」
SOULNOTE E-2
入力感度:MC0.4mV、MM4mV、OPT50mV
利得:MC72dB、MM52dB、OPT30dB
定価出力電圧:BALANCE2.8V、UNBALANCE1.4V
RIAA偏差:±0.2dB
MC負荷抵抗:3Ω、6Ω、12Ω、24Ω、40Ω、100Ω
MM負荷容量:100P、200P、350P
MM負荷抵抗:47KΩ
イコライザー周波数:
・ROLL OFF[KHz]1.59、2.12(RIAA)、2.59、3.18、6.89、FLAT
・TURNOVER[Hz]250、390、500(RIAA)、630
・LOW LIMIT[Hz]50(RIAA)、71、100、125、150、FLAT
電源電圧:AC100V 50/60Hz
消費電力:50W(J60065)
最大外径寸法:430(W)×160(H)×410(D)mm
質量:約20kg
付属品:スパイク、電源ケーブル
プレミアムブラック色も11月15日発売予定です。
メーカー希望小売価格:550,000円(税抜)

フォノイコでありながらアンプ並みの巨大なトロイダルトランスが
搭載されていたり、完全バランス・無帰還回路、脚はスパイク推奨と、
こちらもとてもSOULNOTEらしさがぷんぷんしますねぇ!

Phasemation MCカートリッジPP-300
さっそく店頭のMCカートリッジPP-300を使用して試聴してみましたが
やはり55万円のフォノイコライザーだけあって、
濃くて力強いサウンドで鳴ってくれます。
ベースの解像力などもとても良い感じです。


インプットセレクターに、MC・MMの他に「OPT」と表記があります。
この「OPT」こそオプティカル、つまり光カートリッジ用の入力を意味します。
今回話題になった大きな要素ですので、すでにご存知の方も多いと思いますが、
今回のこの「E-2」、DS Audioの光カートリッジに対応しております!

DS Audioの光カートリッジを使用するには、光用の専用フォノイコライザーが
必要でしたが、SOULNOTEは今回、DS Audio以外で初めて対応したメーカーとなりました。

DS Audioの光カートリッジDS002

写真上DS002フォノイコライザー、写真下E-2

相模原店では、DS Audioの光カートリッジセットの
DS002も展示しておりますので、
フォノイコライザー部分だけE-2につなぎ変えた場合との
比較試聴も可能です。



光カートリッジは、光らせるための電気をフォノイコライザー側から
トーンアームを通して伝送する必要があります。
E-2背面には、光カートリッジ用のセクションを部分的に
電源をON/OFFすることができるスイッチがありますので、
光を全く使わないE-2ユーザーのことをよく考えられています。


E-2の魅力はまだあります!

E-2の取扱い説明書を見てみると、まず驚くのはこちら

数ページにわたってびっしりとレーベル名、年代、専門的な数値が
表に書き込まれています。


どうやら、古いレコード盤は、レーベルや年代によってカーブ特性が
異なるようで、それに合わせてより最適なチューニングができる
ようになっているようです。
「OLD EQ」というスイッチをONにすると設定が出来るようになります。

つまりこの表とレコード盤のジャケットを見て、表通りに
設定すれば良い音が出るということか!
面白そう!試してみよう!
まずは古いレコードを探してみよう!

店頭で、スタッフも存在を忘れていそうな試聴用レコードが眠って
いそうな棚を端から攻めてみることにしました。


ところが・・・・・・

ない!

ない!

この表に載っている聞いたこともないレーベル会社の名前と年代を
見比べながら、試せそうな盤を探しますが全く見つかりません。

どれも1970年以降の新しい(笑)盤ばかりです!

「何してるの?杉村君」

と声をかけて下さったのはお客様。

「その表に載ってるの、みんなSP盤だよ。その棚にはまずないんじゃないかな。」


!?

なるほど!
そうですよね、表に載っている年代が1906年とか、
新しくても1950年代ですからね。

棚に入っているのはほとんどステレオ盤でした。


「OLD EQ」モード、試せず。

試せなかったのでレビューはここまでです。申し訳ございません。

我が家には自慢のSP盤があるよ!
というお客様、ぜひ持ってきてください!

店頭には、78回転が可能なプレーヤーと、SP用のカートリッジの
用意はありますので、ぜひ一緒に試しましょう!試させてください(笑)



今回紹介させていただきましたSOULNOTE E-2は、
今月(2017年11月)いっぱいは展示予定です。

皆様の試聴・ご来店お待ちしております。

オーディオスクェア相模原店
042-730-1326
神奈川県相模原市中央区横山1-1-1
ノジマ相模原本店内
メールアドレス:audio-square110@nojima.co.jp

2017年11月6日月曜日

【お買い得情報】英国SPENDORスピーカー3モデル展示処分!


オーディオスクェア相模原店の杉村です!

今回はお買い得情報です!



「この音の密度感、やみつきになっちゃう!」
SP3/1R2
形式:2ウェイ・2スピーカー、バスレフ型
高域ユニット:22mm広帯域ソフトドーム
低域ユニット:180mmポリマーコーン
出力音圧レベル:88dB
クロスオーバー:3.7kHz
インピーダンス:8Ω
周波数特性:65Hz~20kHz
最大入力:150W
入力端子:金メッキバナナプラグ対応、バイワイヤー対応、4mm穴
外径寸法:H400×W220×D280mm
質量:9.5kg

メーカー小売希望価格(ペア):345,600円(税込)
販売価格(ペア):266,000円(税込)→207,300円(税込)現品限り!

バイオリンやチェロの響きを気持ちよく鳴らしてくれるスピーカーです。
ギター小僧の杉村としては、このSP3/1R2でギター(ガットもエレキも)の音を聴いた場合も、太くて甘く、粘っこい音で出るので、とても気持ちよいです。サンタナや、ゲイリー・ムーアのような泣きギターによく合います。※杉村の個人的な感想です。



「想像よりしてたよりも音がクリアな気がする!」
SP2/3R2
形式:2ウェイ2スピーカー、バスレフ型
中域ユニット:22mm広帯域ソフトドーム
低域ユニット:210mmポリマーコーン
出力音圧レベル:88dB
クロスオーバー:3.2kHz
インピーダンス:8Ω
周波数特性:60Hz~20kHz
最大入力:150W
入力端子:金メッキバナナプラグ対応、バイワイヤー対応、4mm穴
外径寸法:H545×W275×D325mm
質量:14.3kg

メーカー小売希望価格(ペア):518,400円(税込)
販売価格(ペア):399,500円(税込)→330,000円(税込)現品限り!

SPENDOR製品はデザインが似ているので、写真では伝わりづらいですが、先ほどのSP3/1R2よりかなり大きいです。周波数特性だけ見ると出ている高域の数値はSP3/1R2と比較しても変わらないようですが、聴感上は高音の聞こえ方が全然違います!こちらの方がスッキリした感じです。低域が出ることで高音の聞こえ方が変わるなんて話を聞いたことがありますが、今回もそのパターンでしょうか?



「横にも前後にも広がる!包み込まれるような音!」
SP1/2R2+純正スタンド
型式:3ウェイ3スピーカー、バスレフ型
超高域ユニット:22mm広帯域ソフトドーム
高域ユニット:38mmソフトドーム
低域ユニット:210mmポリマーコーン
出力音圧レベル:88dB
クロスオーバー:2.8kHz、13kHz
インピーダンス:8Ω
周波数特性:55Hz~20kHz
最大入力:150W
入力端子:金メッキバナナプラグ対応:バイワイヤー対応、4mm穴
外径寸法:H635×W300×D300mm(スタンド含まず)
質量:18kg

メーカー希望小売価格:
スピーカーペア734,400円(税込)
純正スタンド60,480円(税込)
スピーカー+スタンド794,880円(税込)

販売価格(ペア):
純正スタンドもおまけしての大特価!
622,700円(税込/セット)→508,000円(税込)現品限り!

大きなスピーカーの音はこうでなきゃね!というところはちゃんと満たしてくれる広がり方です。ふわっとリスニングポジションを包んでくれるような音もだしつつ、接続するシステムによっては音像もきっちり出るので、CDプレーヤー・DAC・レコードプレーヤーの部分を良いものにするとちゃんとそれに応えてくれます。
気持ちの良いリバーブエフェクトがかかった、山下達郎の「スプレンダー」を聴いたりするととても気持ちがよかったです。※杉村の個人的な感想です。
こういった大きめのブックシェルフのようなスピーカーは、脚の短いスタンドを探さなければいけないという悩みがでるものですが、6万円の純正スタンドがこのお値段でもらえちゃいますので、スタンドを探し回らないといけない悩みも解消ですね!




※SP3/1R2、SP2/3R2はスタンド別売りです。

以上3セット、現品限りの早い者勝ちのお得な商品ですので、
SPENDORが気になっていたというお客様、ぜひご検討ください!

オーディオスクェア相模原店
042-730-1326
神奈川県相模原市中央区横山1-1-1
ノジマ相模原本店内
メールアドレス:audio-square110@nojima.co.jp


2017年10月29日日曜日

【再展示!】LUXMAN プリメイン L-509X、今度はゆっくり試聴できますよ!

ノジマに入社以来どこのお店に異動しても、
「休憩のときグミばっかり食べてるよね?」と言われてしまう
オーディオスクェア相模原店のグミマニア杉村です。

LUXMAN フラグシッププリメインアンプ、
L-509Xがご試聴頂けるようになりました!
こちらの製品の詳細は、ブログの記事でも紹介させて頂きました!


今回は、メーカー様の貸出機ではなく、お店で導入したものですので、
「期間限定」ではなく、当分の間ご試聴いただけます!

前回は、発売したばかりのタイトなスケジュールの中でお借りしていた
関係で、展示期間たった3日間という短さで返却となってしまいました。

聴きたかったのにお店に行ったら聴けなかった!というお客様、
前回は申し訳ございませんでした。

今度はゆっくり試聴いただけますので、
ご都合の宜しい時にぜひ、愛聴盤を持ってお越し下さい!


オーディオスクェア相模原店
042-730-1326
神奈川県相模原市中央区横山1-1-1
ノジマ相模原本店内
メールアドレス:audio-square110@nojima.co.jp