EVENT NEWS

【展示導入開始】 イギリスのお洒落なオーディオシステム『Ruark Audio』、始めました!

イギリスのお洒落なオーディオシステム 『ruarkaudio』 日本初上陸! 英国や欧州を始めとして、世界中で高い人気を誇り、数々の著名なアワードを受賞した『ruarkaudio』のライフスタイル・オーディオが、いよいよ日本に初上陸しました! 当店でも...

2018年2月24日土曜日

【実践!】家中で音楽を楽しもう!Wi-FiスピーカーHeosとmarantzとDENON

オーディオスクェア相模原店杉村です。

おやおや?
今日のオーディオスクェア相模原店、
商談スペースの方から気持ちの良い~ピアノの音が
聴こえてきますね~

しかしどこから鳴っているんでしょう?

皆様お分かりでしょうか?
Wi-Fiスピーカー HEOS1 販売価格27,000円(税込)

正体はこちら!
HEOS(ヒオス)Wi-Fiスピーカーです!

これ、お客様が気持ちよくお買い物して頂けるように、
杉村が、iPadに入れたHEOSアプリで操作して、
こっそり鳴らしていたんです。


スマホの中の音楽を無線で飛ばして鳴らせるBluetoothスピーカー
当たり前になった今、インターネット回線を使ってならせる
Wi-Fiスピーカーとは、一体何が違うんでしょうか?
音質面はそれぞれ違いがあったとしても、無線で飛ばしてならすという
使い勝手は同じなのでは?

そんな疑問をお持ちな方もいらっしゃるかもしれません。

HEOSならできること①

ネットサービスの音源や、自宅環境内のネット上の音楽が鳴らせる!

アプリ画面

HEOSアプリの、どの音源を鳴らしますか?という画面になります。

Spotifyは、アカウントを作れば配信型の音楽が楽しめるサービス。
無料版と月額980円のサービスがありますが、どちらも
自分好みの音楽・グループ・バンドの発掘の
きっかけとしてかなり使えます。

SOUNDCLOUDはユーザー投稿型の音楽・音声配信サービス。
バンドマンの方や、身近に夢を追っている人がいるという方は
良く知っているかもしれません。

tuneinはネットラジオです。海外のラジオも聴けます!

ミュージックサーバーは自宅内のNASに保存した音楽ファイルの再生です。
すでにネットワークオーディオを楽しまれている方は、
別の部屋にこのHEOSを買い足せば、音楽ファイルの共有ができちゃいます。

特に有料サービスに加入されている方は、せっかくお金を払ってるので
一つの端末ではなくこのHEOS等、数多くの端末に
ログインしてサービス使えたほうがお得感がありますよね!


と、ここまでHEOS単体でも、ネット環境さえあればかなり多くの
サービスが受けられることがお分かりいただけたと思います。

でもすぐ揚げ足を取りたがるのが私杉村(ひねくれ者)、
ついこんなことを考えてしまいます。

「でもそれって、スマホかPCで再生して、
Bluetoothで飛ばせば別に
HEOSじゃなくてもええんとちゃうの?」


HEOSならできること②

HEOSだけではない!DENON・marantzからは、HEOS対応機種も登場!

DENON AVレシーバー AVR-X2400H

2017年以降に登場したDENONAVレシーバーには
モデル名の末尾に「H」が付くようになりました。
これは「HEOS」の「H」だそうです。

最近のAVレシーバーはネットワークオーディオに対応したモデルが
ほとんどですが、DENONのAVレシーバーはHEOSとリンクする
機能が付いています。

marantz ネットワーク/CDプレーヤー ND8006

音楽専用のピュアオーディオ向けの製品ですと、
marantzから登場したND8006も実はHEOS対応です!


ここで、HEOS対応とはどういうことなのか?

DENONのAVレシーバーも、marantzのネットワークプレーヤーも、
それぞれのコントロールアプリが配信されてます。
ネットワーク機器が増えると、アプリも増え、
使い分けようとするとスマホやタブレットの画面上で
様々なアプリを開いたり閉じたりしなければなりません。
リモコンがたくさん増えて困ったみたいな感覚に近いかもしれませんね。

つまり、HEOSアプリ一つで、複数のHEOS対応機器が
操作できてしまうというのがメリットです。


HEOSアプリの、家のどこのどのシステムで何を再生するのかを
一括して操作できる画面「ルーム」です。

写真では、marantz ND8006の下に書いてある「商談スペース」とは
先ほどのHEOSスピーカーのことです。

「リビング」「台所」「子供部屋」などシステムの名前も自由に
編集できるので、家族全員でわかりやすくお使い頂けます。

写真の画面では、marantz ND8006ではCDを再生し、
商談スペースのHEOS3ではNAS内の音楽ファイルの中から
ベートーベンを再生している様子です。

子供部屋ではアニメソング、キッチンでは思い出の90年代POPS
なんて使い方も面白いかもしれませんね!

と、ここまでで薄々感づいている方もいらっしゃるかもしれませんが、
このHEOSというシステム、

もちろん同時に同じ音源を複数の場所で鳴らすことも出来ます!

marantz ND8006とHEOS1で同時にNAS内の山下達郎を再生


しかも設定も直感的操作で簡単!
同じソースを鳴らしたいルーム同士をこうやって重ねるだけ!

なによりも驚きは、音の遅延が全然感じられませんでした。
甲子園球場のアナウンスみたいな現象(笑)には全然ならず、
ぴったり揃っているので全然音がボケません!
※試しにND8006に入れたCDをHEOS1からも音が出せないか試みましたが、
CDでは遅延がありました。
「同時鳴らし」はNAS内の音源やネット上のソースを推奨します。


1つの端末で複数の機器を別々のことをさせたり、
同じ事を同時にさせたりする。

これはBluetoothではできません!
恐れ入りましたHEOS!


【まとめ】
このHEOSというシステム、HEOSのWi-Fiスピーカーや
HEOS対応ネットワークオーディオ製品を複数家に導入すれば、
「どえらい時代になったな」と感じて頂ける音楽環境が作れるというわけです!

台所でも音楽聴きたいから、オーディオの部屋から
スピーカーケーブルを台所まで長距離引っ張ってきて、
壁や天井を配線して・・・
という大掛かりな工事が全くいりません!

必要なものはHEOS対応機器、無線のネット環境、スマホ

たったこれだけ!

どうですか?やってみたくなりましたか?

気になる方、気になるけどまだよくわからないという方、
是非店頭にてお試しください!

ご来店お待ちしております。


オーディオスクェア相模原店
神奈川県相模原市中央区横山1-1-1
ノジマ相模原本店内
メールアドレス:audio-square110@nojima.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿