EVENT NEWS

【外部イベント開催】 ハイレゾ・コンサート in 相模湖交流センター 第2弾!

ハイレゾ・コンサート in 相模湖交流センター 2019年8月23日(金)~ 25日(日) 当店の週末の試聴会を外部施設にて開催! 2019年1月開催の「ハイレゾ・コンサート」第2弾! 神奈川県立相模湖交流センターで収録された アーティストの生演奏を ...

2019年7月14日日曜日

雨の日は「ボサノヴァ」聴きながらまったりと・・・


今日も薄曇りな天気が続いていますね。

相模原の「あじさい通り」の紫陽花はだいぶ終わりに近づいてますが
お店の近所の紫陽花は、まだまだ綺麗に咲いていました。



そんな日は、もはやジメジメを楽しめそうな音楽を聴きながら
お部屋でまったりと過ごすのも良いのではないでしょうか。

個人的には、こんな日はゆったりとした「ボサノヴァ」を聴きたくなります。

先週の7月6日、ボサノヴァの父と呼ばれる「ジョアン・ジルベルト」が
88歳で亡くなったというニュースが流れてきました。


世界中で大ヒットした名曲「イパネマの娘」や、ボサノヴァの原点でもある
「シェガ・ジ・サウダージ(想いあふれて)」は、おそらく誰もが
一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ブラジルの北東部で育ったジョアン・ジルベルトは
14歳からギターを始め、コーラスグループにも参加したり
後に、作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビンと共に
「ボサノヴァ」という音楽スタイルを確立させました。

サックス奏者「スタン・ゲッツ」との連名のアルバム『ゲッツ/ジルベルト』を
1962年にレコーディングし、全米アルバム・チャート2位を記録。
1964年にグラミー賞にて最優秀アルバム賞を獲得。

同作には、当時奥さんであった「アストラッド・ジルベルト」が
ボーカリストとして参加した“イパネマの娘”が収録されていて
全米シングル5位に入りました。

「ゲッツ/ジルベルト 」Stan Getz/Joao Gilberto

「ボサノヴァ」ブームを世界中に巻き起こした大名盤ですね。

雨の日はまったりと、ゆったりとした「ボサノヴァ」を聴きながら
読書やジグソーパズルでもいかが?

鼻に抜けた感じの力を抜いた優しい歌い方がとても心地良くて
つぶやくように歌う感じが色々と語りかけてくるよう・・・

ちょっと疲れた人に向かって
「もっと気楽に、もっと力を抜いてもいいんじゃない?」と
語りかけているようです・・・。


オーディオスクェアでは、雰囲気の良い音で音楽を楽しむ
様々なご提案をさせていただいております。

オーディオを購入検討されている方も、そうで無い方も
是非ともお気軽にご来店下さい。

~今日も皆様のご来店を心よりお待ちしております~


0 件のコメント:

コメントを投稿