EVENT NEWS

【イベント告知】Technics Presents・音楽が家族をつなげる 『ファミリータイム』 in トレッサ横浜

" Technics Presents・音楽が家族をつなげる" 『ファミリータイム』 in トレッサ横浜 9月23日(土)開催!   『初めてレコードに触れる』 『久しぶりにレコードに触れる』 『昔のレ...

2015年3月26日木曜日

FOSTEX G1003MG 新製品聴いてみました。

FOSTEX G1003MG  新製品


小型高性能スピーカーの代表『GX100 Limited』をベースにした、 トールボーイ型スピーカーです。 

『GX100 Limited』はエンクロージャーの容積とデザインの関係で、 『GXシリーズ』のエンクロージャー・デザインを採用しましたが、 内容的には上位モデルである『G1300MG』の小型版。 

デザインさえ違えば、『G1000』という名前で発売されても良かった製品だそうです。

そこで、ツィーター、スコーカー、ウーハー全てに純マグネシウムを採用した事もあり、 『G1003MG』というモデルナンバーを付けたとの事。 仮に『GX102』の様なダブルウーハーの製品を作る事があれば、 『G1002MG』となるであろうとの事です。 

『G1003MG』のエンクロージャーの仕上げは、『G1300MG』や『G2000a』と同等。

5月下旬より発売。価格は450,000円/1台(税抜)。











大きさは、B&W804と同程度。
最上位モデル『G2000a』をリビングで実現できるような
大きさです。


エンクロージャー底面とベースボードの間を空けることにより、
底面からの放射が抑制されることなく、
立体的な音場表現を実現。


ウーハーとボトムウーハーに、新開発の高比重亜鉛ダイキャストフレーム採用

従来のアルミダイキャストフレームよりも比重の高い亜鉛ダイキャストフレームを使用する事により、振動板振幅の反作用による振動が、エンクロージャーから音場空間に伝わりにくくなり、音の消え行く静寂感をリアルに感じることが出来ます。