EVENT NEWS

【試聴会情報】DENON 新製品『SX1 LTD』発売記念プレミアム試聴会

なかなかブログが更新出来ずにすいません・・・ ブログに本日の試聴会情報を掲載し忘れていたのですが イベントカレンダーをチェックしていただいている方より 早くからご予約をいただいており、大変嬉しい限りです。 本日は、今月発売のDENONの新製品『SX1 L...

2018年4月17日火曜日

【展示導入開始】Focal 「KANTA N°2」 展示はじめました!


フランス・FOCAL社のスピーカー 新シリーズ「KANTA
「N゜2」の展示を始めました!



FOCALのミドルクラスとなる新シリーズ「KANTA」より
中核となるモデル「N°2」を展示させていただきました!
(最終的に3ラインナップ予定)

希望小売価格:120,0000円(税抜/ペア)

FOCAL社の製品は全て自社製で、フランスの自社工場で製造しています。

全てのユニットに新開発のユニットを搭載し、低歪化を更に進化。
これまで高い評価を得てきた素材はそのままに、上位シリーズで
開発された技術が惜しみなく投入されています。

ツイーターには、軽量でアルミニウムの13倍という高い剛性のベリリウムを
使った、第3世代の27mm径のIAL3(インフィニット・アコースティカル・ローディング・3)を搭載。
ユニット内の空気の流れを最適な状態で減衰させ、歪みを大幅に低減させています。

形状も通常のドーム型とは異なり、逆ドーム型ではドームの高さを低く(曲率を小さく)できるため、より明確な音像再現が可能となりバランスの良い放射性能を持つので、歪みのない音が再生可能。構造上ボイスコイルを小さくすることが出来るので、素早く反応が出来て音の放射性を均等に出せる為、非常に定位が良くなるそうです。

ミッドレンジには、Flax(亜麻)をグラスファイバーで挟み、軽量で剛性、ダンピング性能に優れるという独自のφ16.5cmのフラックス・サンドイッチコーンを採用。


ウーファーには、φ16.5cm Flaxウーファーを2基搭載。同一口径のミッドレンジと
比較してコーンのコア材が1.67倍、グラスファイバーが2倍の質量で構成されていて
強度を高めて低域ユニットへの最適化を図っています。



アルミダイキャストのフットに上位モデルと同じスパイク仕様で
スピーカー端子はシングル仕様となっています。

トップには強化ガラスを採用していて、とても美しいデザイン。



新開発の高密度ポリマー・フロントバッフルを採用し、本体はブラックラッカーと
ウォルナットマット仕上げの2パターン。
フロント部分のカラーバリエーションは8色で下記の通り。


①カララホワイト・ラッカー
②アイボリー・マット
③ゴロワーズブルー・ラッカー
④ウォームトープ・マット
⑤ソーラーイエロー・ラッカー
⑥ダークグレイ・マット
⑦ブラックラッカー・ラッカー
⑧ゴロワーズブルー・マット

<製品の仕様>
・型式:3ウェイ4スピーカーバスレフ型
・ユニット:27mmドーム型トゥイーター、165mmミッドレンジ、165mmウーファー×2
・クロスオーバー:260Hz/2.7kHz
・インピーダンス:8Ω
・出力音圧レベル:91dB
・周波数特性:35Hz~40kHz
・寸法/質量:W321×H1118×D477mm/35kg(1台)


試聴室にて常設展示しておりますので
ご試聴の際にはスタッフにお声がけ下さい

ご来店を心よりお待ちしております!

0 件のコメント:

コメントを投稿