EVENT NEWS

【展示導入】 TANNOY LEGACYシリーズ 『ARDEN』 展示してます!

クラシック音楽ファンに人気の高い英国ブランドの TANNOYの”レガシーシリーズ” 『ARDEN』 の展示を開始しました! 1976年に発売された人気のモニターシリーズが、最新の音響技術を導入し レベルアップして 『レガシーシリーズ』 として帰ってきました! 当...

2018年4月3日火曜日

【実験】リッピングの際のディスクドライブで音は本当に変わる?DELA D100

オーディオスクェア相模原店の杉村です。

スペックや写真だけでは伝わらない商品の魅力を伝えるのが
私の使命だと思っております!


皆様は、CDをパソコンにリッピング(取り込み)をするときは
どうされていますか?


「PCの内蔵ディスクドライブにガチャっとそのまんま入れてます」

「外付けのディスクドライブでやってます。」

「私の自慢のメカ!プレ○スターちゃんが今も活躍中でっせ!!」

いろんなスタイルの方がいらっしゃると思います。

PC内蔵のものよりも、外付けドライブの方が良いという意見もありますし、
外付けドライブと一言で言っても3000円くらいの物から数万円の
物まで種類も様々です。

質のよいものはあっても、音楽のために作り出された製品というものは
あまり世に出ていなくて、そんな中、色々と探求した
オーディオファン達の間で「これは音がイイ!!」と
言われて人気が出た製品もありました。

そうなんです、これだけファイル再生が普及した今でも、
まだ「オーディオ向け」というコンセプトで登場した
ディスクドライブは無かったんです。

そこで、登場したのが

メルコシンクレッツ社のDELA ディスクドライブ「D100」
メーカー希望小売価格:70,000円(税別)

オーディオ用NASで大人気のDELAブランドからの登場です!

やっと出たオーディオ用!

リッピングは手間もかかりますし、一度やってしまったら
やり直す気力もなくなりますし、色々モンモンしていた方は
期待度が高いのではないでしょうか!



「でもさぁ、数千円でも買えるディスクドライブが
7万円てどうなのよ?」

「0と1だけのデジタル信号を取り込むのに実際に
聴感上は何が変わるの?」

いろんな意見をお持ちの方がいらっしゃることでしょう。

今回、数日の間でしたが、メルコさんよりデモ機を
お借りすることができましたので、そのレポートです。



出してみると・・・おぉ~~~~~~なかなかのズッシリ感。

サイドパネルが樹脂製とは聞いてましたが持ってみると
そんなことも忘れてしまうガッチリ&ズッシリ感。
イイ物って感じがする←(笑)


電源はもちろんバスパワー(PCからの給電)ではありません。
専用のACアダプターが同梱します。



中央のUSB3.0タイプB端子からリッピング保存先へ接続します。

3.0のタイプB端子は見慣れない方もまだ多くいらっしゃるかもしれませんね。




リッピングの際の、D100の状態を、この右側のインジケーターが
何色に光るかで知らせてくれるようです。

やっぱりガッチリしてるからか、リッピング中の
振動が少ない感じがします。

本体が振動しないことで、中のピックアップも正確な読み取りが
できるということですね!



さて、一番大事な聴感上どうかわるかについてですが、
実験してみました。


DELA D100(7万円)
vs
杉村家に転がってた普通の外付けドライブ
(確か3千円位)


DELA D100(左)杉村家のディスクドライブ(右)

並べてみるとD100、結構奥行きありますねぇ。


〈杉村家の普通のディスクドライブのスペック〉
価格:3000円くらい
ボディ:ペラペラのプラスチック
給電方式:バスパワー(USBケーブル1本でPCからの給電)


なんかもう、

実験しなくても結果は分かりきってますよ(笑)

うちの子がかわいそう!(笑)


いや、実際に実験することが大事なんです!

どっちがよいかどうかではなく、
聴感上「どう違うか」をレポートすることが大事なんです。

そう、自分に言い聞かせました。



今回の実験方法は、D100と杉村家のディスクドライブで、
同じCDをリッピング(形式はflac)して、比較試聴を
おこなうというものです。

やってみたところ、結構わかりやすい違いが出たのでいくつか
紹介させていただきます。

①FOURPLAY(フュージョン/スムースジャズ)
曲名:December Dream
アルバム:ESPRIT DE FOUR


ゆったりやさしい雰囲気の曲です。D100でリッピングしたときの方が、コーラスがより広がって奥行きがあるように感じました。広がりは出るのに、うるさい感じは無く、むしろ落ち着いた音なので音量をもう少し上げられるようになると思います。

②Jacintha(ジャズ/ボーカル)
曲名:Geogea on my mind
アルバム:HERE'S TO BEN


ボーカルの繊細な声の強弱がD100でリッピングしたときの方がビックリするくらいよく感じられます。「こんなことしてたのか!」と今まで気付かなかったところが出てきました。扇風機に例えると風量の調整が「強・中・弱」だったのが、良い扇風機に買い換えて風量8段階コントロール・微風オヤスミモード付きになった感じです!(伝わりますかね?笑)

③ZARD(POPS/ロック)
曲名:GOOD DAY
アルバム:永遠


静かなところと、盛り上がるところの差が激しい曲です。以前から、杉村家で愛用のディスクドライブでリッピングした際に、イントロの盛り上がるところで全体が少し引っ込んでしまうような感じがしていた曲です。こういう録音なのかなぁと思っていましたが、D100でリッピングすると、何段階にも盛り上がり続けてくれました。



D100でリッピングした音源全体を通して言えることは、

強弱の表現がとても豊かになった!

そう感じました。

特に曲の中の強弱の差の激しいクラシックの曲など、
D100の良さが活きそうです。


D100のデモ機はすぐに返却してしまいましたので、
今は店頭にはございませんが、
今回用意したD100との比較音源は店頭のNASに
保存しておりますので、常時音楽ファイルの比較試聴可能ですので、
ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

D100はお取寄せ商品になりますが、ご注文お待ちしております。


DELA D100
筐体:2面アルミ削りだし
重量:3.5kg
対応ディスク:BD/DVD/CD
※BD/DVDはデータディスク、CDはCD-DAディスクの読み出しのみサポート
メーカー希望小売価格:70,000円(税別)

オーディオスクェア相模原店
神奈川県相模原市中央区横山1-1-1
ノジマ相模原本店内
メールアドレス:audio-square110@nojima.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿