EVENT NEWS

【展示導入開始】 イギリスのお洒落なオーディオシステム『Ruark Audio』、始めました!

イギリスのお洒落なオーディオシステム 『ruarkaudio』 日本初上陸! 英国や欧州を始めとして、世界中で高い人気を誇り、数々の著名なアワードを受賞した『ruarkaudio』のライフスタイル・オーディオが、いよいよ日本に初上陸しました! 当店でも...

2018年5月20日日曜日

【発売前試聴レポート】Accuphase SACDプレーヤー DP-750を特別に聴かせて頂きました!

オーディオスクェア相模原店の杉村です!

Accuphaseの営業さんが、お店の我々スタッフのために
新型SACDプレーヤー、DP-750発売前にこっそり持ってきてくれました!


DP-750 定価:120万円(税別)

じゃじゃーーーーん!
こちらがAccuphase DP-750!


このDP-750は、

先代機 DP-720

Accuphase DP-720(定価110万円税別)の後継機種にあたります。

DP-720は、そのきめ細かい音像と、
立体的音場を描くサウンドで人々を驚かせてきました。

今回のDP-750はとにかくすごい!
DP-720みたいに立体感・静けさが素晴しいのは
もちろんですが、
なによりも感じたのが、
ボリュームを上げた瞬間

「あ...暖かい...。」

すごく血の通った感じのボーカル、
木の箱がなっている感じのするバイオリン、
細くならず、ダイナミックになってくれるドラム。

でも音の輪郭はぼやけない!

杉村はこれまで勘違いをしておりました。
こういう暖かい音って、ノイズを伴わないと
出せないものなんだろうなと。
暖かいけど、音像は大きくなくてくっきり。
暖かいけど、音の背景は静か。
ここの両立って可能なんですね!

120万円と、確かに安いものではないですが、
120万円でこのバランスの製品が作れるって
アキュフェーズすげぇ!(驚)



さきほど、じゃじゃーーーんと写真を披露しましたが、
みなさんきっと思ったことでしょう。
「デザイン変わってない!」って。(笑)
Acccuphase製品は逆にそこがよいところ。

でも良くみると、


ディスプレイとトレーの周りが彫られたデザインに
なっております。
これは、最上位セパレート機種DP-950と同じデザインです。

見た目の違いはこれくらいですかね!

でも音はぜんぜん違いますよ!
ここは強くアピールさせてください。
中身も、大幅な変更がされています。
中が見れないのが残念!


美しいグロスフィニッシュの突板仕上げになっているボディーは
持ち上げてラックの中段に入れるとき緊張しますが(笑)
眺めてて飽きない本当に見事な仕上げです。


デジタル入力もあります。
先代DP-720ではできなかったDSDファイルの再生が
出来る様になっています。
DSDは11.2MHzまで。


さて、簡単ですがレポートさせて頂きました。


Accuphase DP-750
6月発売予定
メーカー希望小売価格:1,200,000円(税別)

ご予約受付中です!

オーディオスクェア相模原店 杉村


オーディオスクェア相模原店
神奈川県相模原市中央区横山1-1-1
ノジマ相模原本店内
メールアドレス:audio-square110@nojima.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿