EVENT NEWS

【展示導入開始】 イギリスのお洒落なオーディオシステム『Ruark Audio』、始めました!

イギリスのお洒落なオーディオシステム 『ruarkaudio』 日本初上陸! 英国や欧州を始めとして、世界中で高い人気を誇り、数々の著名なアワードを受賞した『ruarkaudio』のライフスタイル・オーディオが、いよいよ日本に初上陸しました! 当店でも...

2017年8月14日月曜日

【DELA】marantz SA-10がネットワークプレーヤーへ変身!

こんにちは!
オーディオスクェア相模原店の杉村です!

先日のDELA展示機導入のときの記事で宣言したとおり、
今回はUBS-DAC、またはUSB-DAC機能を持ったCDプレーヤー
DELAを接続して、ネットワークプレーヤーに変身させるという
DELAの機能で遊んでみたいと思います!



CDプレーヤーが一体どうやって
ネットワークプレーヤーになんのさ!?

って方も多くいらっしゃることでしょう。
今回はセットアップの流れを中心に紹介していきますね!
今回は、marantzのSACDプレーヤー、SA-10を使って紹介していきます。


え、うちのCDプレーヤーもDELAと繋がるんか!?
という方はまず、お持ちのCDプレーヤーの背面の端子を見て見ましょう。
まず、USB-DAC機能を持っているCDプレーヤーかどうかが第一条件です。


USB-Bタイプの端子がデジタル入力のポートにあれば、
USB-DAC機能が付いている機種である事が多いです。
USB-Bタイプとは、プリンターの接続端子に採用されていることが多いですね!
※USB-DAC機能が搭載されている機種でも相性の問題で動作しない
ケースもあります。DELA公式ホームページのサポートページに、
動作確認済の機種が掲載されていますので、気になる方はご確認下さい。 

 〈用意するもの〉
・DELA
・USB-DAC
・USBケーブル(A→B端子)
・インターネット環境
・LINN社コントロールアプリKinskyをインストールしたタブレットまたはスマホ


用意したらこのように接続します。
ネットは、選曲など、コントロールの為だけに使用します。
 タブレットやスマホと無線で繋がる必要があるので、
ルーターを使用してWi-Fi環境をあらかじめ用意しておきましょう。

実際に音楽信号が流れるルートは、DELA→USBケーブル→ USB-DAC
という流れなので、信号の流れ方はPCオーディオと同じです。
音楽信号を無線で飛ばすわけではないので、抵抗がある方も
安心のクォリティが期待できますね!


こちらは、ルーターにWi-Fiで接続したタブレットで、
再生アプリ「Kinsky」を表示した画面です。

「Room」はアプリで操作するネットワークプレーヤーを選択するところです。
ここでは、正しくセッティングされていればこのように
SA-10なんとネットワークプレーヤーとして
表示されるではありませんか!
初めてこの画面を見たときは結構感動しました。(笑)

おっと、このとき、CDプレーヤー側のインプット切り替えで
ディスクモードからUSB-DACモードに切り替えておくことをお忘れなく。


さて、 ここまで来れば、再生するのみ。
DSDフォーマットのハイレゾ音源を鳴らして見ましょう。



きたーーーーーーーーー! 
SA-10にもばっちりDSD11.2MHzの信号が来ている
表示が出てますね。

いやーそれにしてもmarantz SA-10もさすが。 
marantzがこだわりにこだわりぬいて開発した
ディスクリートのDACが搭載されているだけあって、
とても気持ちのいい音です。引き込まれちゃいます。

 曲によっては、本当にこれ60万円なの?って思っちゃうくらい
グレード以上の音がする気がします。

これはまた、一例ですので、
お気に入りのDAC、気になっているDACと
一緒にDELAを是非検討してみてはいかがでしょう?
かなり遊べますよ!

またおもしろい実験をしたら記事を書きますね!

オーディオスクェア相模原店
042-730-1326
神奈川県相模原市中央区横山1-1-1
ノジマ相模原本店内
メールアドレス:audio-square110@nojima.co.jp