EVENT NEWS

相模原店にて B&W『800D3』展示開始しました!

ついに、ついに、相模原店にも B&W『800D3』 がやって来ました! B&W社の50周年モデルとして発売され、現行B&Wの フラッグシップモデル『800D3』の展示を相模原店にて開始しました! B&W 800D3 MR 希...

2016年7月30日土曜日

KRYNA インシュレーター 「T-PROP」 只今 DALI OPTICON6 に装着デモ中です。

KRYNAの定番インシュレーター 「T-PROP」
只今、大人気スピーカー DALI OPTICON6 に
装着してデモ中です。


OPTICON6 には、M6が装着できます。


スタンドの移動がカンタン・安全な
スパイクと受け皿の一体構造型インシュレーター

T-PROPは、スパイクとカップ(受け皿)の2ピースに分かれた
ツイスト&ドロップ機構式インシュレーターです。
スパイクとカップ、それぞれにネジが切られているため、
スパイクをカップにねじ込んで一体構造にすることが可能です。

ねじ込んでも、スパイクとカップの間には若干の隙間が残っています。
下に力がかかった(床に置いた)時にはスパイクの先端部分のみで接触し、この構造は、上からの振動を逃がしながら床下からの振動をブロックするという画期的な“メカニックダイオード”方式を実に簡単に実現させることができます。

通常の分割構造のインシュレーターの場合には、スピーカースタンドやラック等のシステムを移動すると、受け皿はもとの位置に残ったまま。
慎重にセッティングをしないと、床を傷つけてしまったり、
スパイクが刺さってしまったりする危険があります。

この一体構造になっているT-PROPならば、システムを持ち上げた時にはスパイクがカップを持ち上げて同時に移動することが出来るため、安全で、スマートな振動対策が可能です。




あいにく画像ではカーペットの上ですが、ボード類の上に設置したほうがより効果的です。

音質向上はもちろん、セッティング時の移動も可能になるスパイク・受け皿一体型インシュレーター

B&W805用のスタンドでも定評のあるアイテムです。

ぜひご試聴・導入のご検討ください。